インフルエンザ予防接種
のお知らせ

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種のイメージ写真

2021-2022年シーズンのインフルエンザ予防接種の予約を開始しております。

  • 接種開始;10月2日(土)~ 土日も接種可能です。
  • 予約制となります。診療時間内にお電話でご予約ください。
    tel.03-3718-7788
  • 当院での接種は13歳以上の方(1回接種)に限らせて頂きます。
  • 当院で使用するワクチンは4価ワクチン(A型2種B型2種)です。
年齢 接種費用
13歳以上
*1回接種のみ
3,750円(税込)
23区在住
65歳以上の方
2,500円
(自己負担)
目黒区在住
70歳以上の方 (昭和27年1月1日以前生まれ)
無料
(自己負担無し)

*予診票の自己負担額の欄をご確認ください

  • ワクチン在庫がある場合は当日のご予約も可能です お問合せください。
  • 新型コロナワクチン接種とは13日以上の間隔が必要です。
  • 在庫の状況や厚生労働省の指示があった場合は予約・順番を制限させて頂く場合があります。
  • ご不明な点は何なりとお問合せください。

よくあるご質問(厚生労働省HPより抜粋;一部改変)

ワクチンは1回接種でよいでしょうか?
13歳以上の方は、1回接種を原則としています。13歳以上の基礎疾患(慢性疾患)のある方で、著しく免疫が抑制されている状態にあると考えられる方等は、医師の判断で2回接種となる場合があります。
ワクチンの効果、有効性について
インフルエンザ発病後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。特に基礎疾患のある方や高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防することです。国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされています。
現行のインフルエンザワクチンは、接種すればインフルエンザに絶対にかからない、というものではありません。しかし、インフルエンザの発病を予防することや、発病後の重症化や死亡を予防することに関しては、一定の効果があるとされています。
昨年ワクチンの接種を受けましたが今年も受けた方がよいでしょうか?
インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行することが予測されると判断されたウイルスを用いて製造されています。このため、昨年インフルエンザワクチンの接種を受けた方であっても、今年のインフルエンザワクチンの接種を検討して頂く方が良い、と考えられます。
「4価ワクチン」とはどのようなものですか?
現在国内で広く用いられているインフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスA型株(H1N1株とH3N2株の2種類)及びB型株(山形系統株とビクトリア系統株の2種類)のそれぞれを培養して製造されているため、「4価ワクチン」と呼ばれています。
インフルエンザワクチンの接種はいつ頃受けるのがよいですか?
日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。
インフルエンザワクチンの接種によって引き起こされる主な症状(副反応)には、どのようなものがありますか?
免疫をつけるためにワクチンを接種したとき、免疫がつく以外の反応がみられることがあります。これを副反応といいます。季節性インフルエンザで比較的多くみられる副反応には、接種した場所(局所)の赤み(発赤)、はれ(腫脹)、痛み(疼痛)等が挙げられます。接種を受けられた方の10~20%に起こりますが、通常2~3日でなくなります。
インフルエンザワクチンの接種によって、インフルエンザを発症することはありますか?
ありません。インフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。不活化ワクチンは、インフルエンザウイルスの感染性を失わせ、免疫をつくるのに必要な成分を取り出して作ったものです。ウイルスとしての働きはないので、ワクチン接種によってインフルエンザを発症することはありません。

参照: インフルエンザQ&A | 厚生労働省

03-3718-7788
院 長
小内 靖之
診療内容
一般内科、循環器内科、糖尿病内科、生活習慣病、睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来、男性外来、予防接種、健康診断
住 所
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1丁目7-16
アンジェー自由が丘ビル 3階
最寄駅
自由が丘駅南口 徒歩1分
休診日…木曜日、金曜日、祝日
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00

自由が丘内科循環器科クリニックでは、以下クレジットカード及び電子マネーによる決済が可能です。

Visa, Mastercard, JCB, AmericanExpress, Diners Club INTERNATIONAL, iD, QUICPay, 交通系電子マネー

※「PiTaPa」はご利用いただけません。

Page Top